ケース9 「お試し」のつもりが、「定期購入」になっていました。


Q9:「お試し」のつもりが、「定期購入」になっていました。

お試しセットだけのつもりだったのに、気づいたら「定期購入」に登録されていました。
化粧品のお試しセットを注文して、使ってみたんですが気に入らなかったので、そのままにしていたら、翌月にも商品が届きました。会社に確認すると「定期購入コース」に登録されているということでした。


A9:TVショッピングや新聞通販などでよくあるトラブルです。

「お試しセット」の購入をしたつもりでも、本人も気づかないうちに「定期購入コース」の契約になっていることがあります。電話オペレーターやネット通販サイトの自動配信メールを確認しましょう。一定期間内に「意思表示」をしないと「定期購入コース」への契約になるケースもありますので、購入の確認や商品が届いたときのチラシなどの同梱物もちゃんと確認しておきましょう。


・参考サイト
「お試し」のつもりが「定期購入」に!?第2弾-健康食品等のネット通販では、契約内容や解約条件をしっかり確認しましょう-(国民生活センター)

「【真相追跡 <定期販売トラブル>】 連載記事(日流ウェブ)


●関連リンク
通販のかしこい通販利用法(日本通信販売協会)

●ストリームラインでは、ケースを利用した通販セミナーの依頼も受け付けています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です