ケース7 通販にクーリング・オフはないんですか?


Q7:通販にクーリング・オフはないんですか?

通信販売には、クーリング・オフがないと聞いたんですが本当ですか。返品をしたい場合は、どうしたらいいんでしょうか。


A7:訪問販売などに使われる「クーリング・オフ制度」は、契約後であっても一定期間内であれば、理由に関わらず申し込みの撤回や契約の解除が行える制度ですが、通信販売には適用されません。

不意打ちの勧誘に動揺して、本来の冷静な判断をできずに周りの雰囲気にも飲まれて契約してしまいました。しかし、改めて冷静になって考えてみる(Cooling)と、必要ないので契約を解除したい(Off)という趣旨で作られたものです。尚、外国では通信販売にクーリング・オフ制度が認められているところもあります。

「クーリング・オフ制度」の代わりに日本では、通信販売には「返品特約」の表示が義務付けられています。返品の場合の条件をわかりやすく表示する必要があります。「返品特約」の表示が義務なのであって、その内容は通販会社それぞれのルールとなります。たとえば、一切の返品が不可であれば、その旨を記載しておく必要があります。「返品特約」の記載がない場合は、「到着後8日以内、送料お客様負担」でどのようなケースでも返品が可能となります。

通信販売では、返品特約ともうひとつ記載が義務付けられている「特定商取引法」の表示を必ず注文前に確認するようにしましょう。これは、注文方法や支払い方法など概要がわかりやすく記載されています。

尚、お客様の中には、返品や交換をすることを「クーリング・オフ」と言っているお客様もいます。厳密に言えば、間違っているんですがね…。


●関連リンク
通販のかしこい通販利用法(日本通信販売協会)

★ストリームラインでは、ケースを利用した通販セミナーの依頼も受け付けています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です