ケース21 相談電話188のイメキャラ、人助けで旅する蝶「イヤヤン」に


消費者庁は、「消費者ホットライン188」の番号の認知度を広げるため、イメージキャラクター「イヤヤン」を制作したことを発表しました。

「消費者ホットライン188」は、地方公共団体が設置している消費生活相談窓口を案内するものです。警察は「110」、火事・救急は「119」と同じく、消費者ホットラインの電話番号は局番なしの全国共通「188」で、音声に従って自宅の郵便番号を入力すると、最も近い相談窓口を案内してもらえます。悪質商法や訪問販売などの消費者問題全般についての相談ができます。

●参考サイト
相談電話188のイメキャラ、人助けで旅する蝶「イヤヤン」に(通販通信)


また、通信販売の消費者トラブルについての相談窓口は、主に次の機関で設けています。

●通販110番(日本通信販売協会)
http://www.jadma.org/consumers/dm110/

●相談窓口(ECネットワーク)
http://www.ecnetwork.jp/public/consumer/consul.html

●都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口等一覧(警察庁)
https://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です